開業・販促プロモーションや広告、ウェブ・メディアまで
伝わるプランニング&グラフィックデザイン X DESIGN
当サイト閲覧前に<<プライバシーポリシー/ご利用規約>>をご確認下さい。

  HOME > グラフィック > V.I. シンボル ロゴマーク

企業、ブランド、店舗の顔となるロゴやマークをC.I.とともにデザイン

企業や店舗のコーポレートアイデンティティやブランドポリシーをしっかり伝え、視覚的にも記憶に残るデザインで差をつける

思いを詰め込み、発信してこそC.I.(=コーポレートアイデンティティ )がしっかりと伝わります。

C.I.は、言葉やキーワードに左右されない、いわば理念。
ではこの『アイデンティティ』となる思いをどう解釈し、組立て、デザイン表現していくかが、私たちの大切な役目です。
また、店名や商品名の場合であれば、サイン的効果も含めた表現で伝わりやすいデザインをする必要もあり、C.I.とは違ったパブリック性やユーザーのファン化、囲い込みを狙えるV.I.(ヴィジュアル・アイデンティティ)も求められます。ですから、私たちは、様々な視点と切り口からのデザインを、常に心がけています。


<当X DESIGN のロゴマークについて>
私たちは、未知のものを視覚化する=デッサンを基にデザインをします。これはすなわちフリーハンドなデザイン。
また人や文化、市場や環境のクロスオーバーの意からつけたXですので、このXをフリーハンドで表現しベースにしました。
未知とはまだ光のあたっていない世界ですから背景をブラックに、そこから浮かぶ熱い想いという事でXを赤にし、浮かぶように表現。しかし、その熱い想いの裏には、冷静に役割を果たす気持ちを忘れないよう、うっすらと青紫の影を落としています。

型通りの企業イメージを脱却するデザイン

コピー機を中心とした中古OA機器販売会社 <シンボル及びロゴマーク>

社名とC.I.の構築から提案。企業理念の3Rを結びトライアングルとし、リユースのイメージとなる過去と未来を表現するため2つ配し、未来へ昇り広がるデザインにするため、右肩あがりにデザイン。新しく設立された会社だからこそ、しっかり社名を覚えて頂ける様、社名の頭の部分をシンボルマーク内に配置。中古機器とはいえ高品質な商品を提供するので、品格のある書体をトライアングルに合わせて伸びゆくようにデザイン。最後のOの文字から伸びて続く=リユース感のある線を加え、アクセントとした。
ロゴデザインは、逆に安定感と品のある書体で描き、社会や企業への新しいソリューション提案の波が起こせるように、ウェーブのシルエットを文字にかぶせてデザインし、やわらかいイメージも持たせた。


※クリックで拡大します。

1人でも多くの方の助けになればを表現

地域に密着した整形外科 <シンボル及びロゴマーク>

医院長先生からのご希望は、「1人でも多くの方の助けになれば」という想いが表現出来ればという事でした。病院らしく、シンボルとロゴを合わせたデザインで初めから考えました。読みやすくやわらかい、細めの丸ゴシックのロゴ。ボーダーを下に配し、患者様の具合の悪いところ(赤)をしっかり治療し、元通りにしていくイメージにデザイン。
シンボルマークはしっかり覚えて頂ける様に、かすがの頭文字であるKを、地域の青い鳥として飛躍することを願い図案化。患者様の具合の悪いところを丁寧に治す、いわば病いから、しっかり患者様を守る盾であるという想いから、盾に十字を配して背景に。全体は(整形)外科らしく、赤青白でまとめました。



※クリックで拡大します。

医院長の「想い」をストレートにデザイン

ハートフルでアットホームな地域共生型内科 <シンボル及びロゴマーク>

地域の方々が気軽に足を運べる事で、少しでも早い治療を行い悪化を防ぐ。そんな医院長の想いが詰まった内科のクリニック。シンボルマークはそんな想いを表現すべく、人と人が手をつないでるイメージで表現し、ハートの形にデザイン。ハートの心臓部にあたる位置に赤いドットで想いを表現。
地域共生のため、クリニック自身も駅前で開業し、医院名は医院長自ら命名。そんなクリニックの場所がしっかり伝わる様、中太の丸ゴシック書体を西鎌倉駅前を少し大きくしてデザイン。縦用、横用と仕様を分けた。
ボーダーは、駅前から線路沿いというイメージを活かし、2本をデザイン。
地域性=鎌倉らしさを表現するために、山の緑と海の青の配色で構成した。



※クリックで拡大・横用も表示します。

日本初の海も学ぶサーフィン必修科目高校

日本サーフアカデミー校章 <シンボルマーク>

日本サーフアカデミーは、日本で初めて、サーフィンや海のことを学びながら、高校課程を修得出来る、通信制教育をサポートする高校です。
学校という未来を担う子供の学舎のシンボルとなる校章だからこそ、また日本初という、教育の新しいあり方を表現すべく、太陽の昇るイメージと日本の国旗のイメージを重ね、まずはデザイン。
新しい希望の陽が昇る様子を、ストレートに感じてもらえるように、また、サーフィンという海のスポーツを感じてももらえるように、相模湾の海を青で、広がる波も加えた表現でデザイン。
文字を図案化したりせず、一目見てわかる形でデザインフィニッシュしました。



※クリックで拡大します。